2012年02月04日

投果について

「投果/とうか」とは、
昔の中国の歌垣(お祭り、集団お見合い?)の風習で

女性からの贈りものは、果物
男性からは、身に着けた佩玉をなげかえす
木の実と玉の交換は、愛情の約束を意味しました。

この風習は、後の時代まで伝えられ
風采の良い男子が馬車で都を通ると、
女性たちは争って車にくだものを投げこんだので、
荷台は鮮やかな果物で山盛りになり
そうでない人の場合は 石を投げつけたので、辟易して逃げ帰った とか。
くだものも当たったら結構痛そうですが、エネルギッシュなお話です。

DSC_1208.JPG
歌垣て、このような感じでしょうか?
本の説明には、 Singing-Festival と書いてあります。

posted by 蒼穹 at 17:58| 日記